アレルギーについて

アレルギーとは

私たちの身体は防御反応が備わっており、異物が入ってくるとその異物をやっつけるために身体は反応します。しかし、時にその反応が過剰に働きすぎて、身体にとって不都合な反応となることがあり、これをアレルギーといいます。代表的な疾患としては、アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、鼻炎、結膜炎、蕁麻疹が挙げられ、これらの疾患を発症させる因子として、遺伝子因子、環境的因子、食生活因子、精神的因子が考えられています。

アレルギーのタイプ

アレルギーには花粉症、食物アレルギー等種々ありますが、免疫学的に4タイプあります。

タイプ名 特徴
Ⅰ型アレルギー 反応が短時間のうちに現れる即時型アレルギーのことです。気管支喘息、花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、一部の薬物によるアレルギー、食物によるアレルギーはこのタイプです。
Ⅱ型アレルギー 細胞に障害を引き起こす細胞溶解性アレルギーのこと。血液型不適合輸血による溶血、Rh不適合妊娠による新生児溶血性貧血、インスリン抵抗性糖尿病などはこのタイプです。
Ⅲ型アレルギー 抗原抗体複合型アレルギーともいい、抗原抗体反応によりできた複合体が身体の組織に障害を引き起こします。血清病、一部の腎炎はこのタイプです。
Ⅳ型アレルギー 遅延型アレルギーともいい、反応が現れるまでに時間がかかります。ツベルクリン反応、外用薬や化粧品による接触性皮膚炎などはこのタイプです。

アレルゲンとは

身体にとって、異物はすべてアレルギーの原因物質になる可能性があります。アレルギーの原因になる抗原をアレルゲンといいます。

食物アレルギーとは

食物アレルギーとは、卵、牛乳、大豆、肉、チョコレート、ピーナッツ、小麦、そばなどの特定の食品を摂取することによりアレルギーを起こすことをいいます。一般的な症状は、かゆみ、湿疹、蕁麻疹などの皮膚症状で、そのほか、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状、口唇が腫れる、口のまわりが赤くなるなどの口症状、瞼のむくみ、かゆみ、涙が出るなどの眼症状、呼吸困難、咳などの呼吸器症状、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの消化器症状などがあります。また、稀に食物を摂取後、短時間で呼吸困難、血圧低下を来たすなど生命にかかわるアナフィラキシーショックという重篤なものもあります。