異物鑑別検査の検体種別による検査内容

異物検体種別 内容
カビ・細菌 鏡検検査により糸状菌(カビや酵母)の有無やグラム染色による菌の観察を行い、場合により培養にて発育を確認します。
菌が検出された際には、菌の同定を行います。
昆虫・生物 昆虫や寄生虫の他に、爬虫類や両生類も検査可能です。
植物 植物片かどうかの同定検査です。
植物組織の顕微鏡観察と呈色試験(セルロース反応・リグニン反応)を中心とした検査を実施します。
植物の種類は特定できません。
毛髪 獣毛や人毛などの判別を行います。
スンプ法によるキューティクルの形状確認や顕微鏡での髄質確認を行います。
体のどの部分の毛かであるかは特定できません。
食痕・糞 食痕の観察と付着毛の分析を行います。
付着毛採取のため、パッケージなどの全てをお送り下さい。
血痕 ルミノール反応もしくはベンチジン反応を確認します。
ほ乳類に限られ、人と獣の区別、昆虫の体液の検査はできません。
骨片・石・ガラス 骨片・貝殻・石・ガラス等の検査です。
原則として生物の種類や骨の部位、および石やガラスの種類の特定はできません。
外観観察、発泡試験(カルシウム検査)、機器分析等の試験方法を必要に応じて行います。
樹脂 機器分析を行ない素材の定性をします。
金属 機器分析を行ない素材の定性をします。
その他 黒色異物や原料由来の有機物。製品等の変色原因。
各種試験・機器分析を必要に応じて行います。
比較品検査 比較試験は当該検査品と同等の検査範囲で実施します。
主に樹脂、金属の比較です。
原則として昆虫などの比較試験は行っておりません。
カタラーゼ
追加検査
生体内のカタラーゼ酵素を確認する試験で、対象は昆虫、その他節足動物、獣毛、毛髪等です。腐敗したものは検査不能です。
気温の高い時期に輸送する場合は、クール便をご利用下さい。
毛根のない毛髪や獣毛ではカタラーゼ試験は行えません。
報告書再発行 誤字脱字等に由来する手直しには料金はかかりません。
再発行時には先に提出した報告書のご返却をお願いしております。
カビ判別検査 鏡検検査により糸状菌(カビや酵母)の有無を観察し、場合により培養を行って発育を確認して、カビであるか否かをご報告します。
カビ判別検査
(同定あり)
カビ判別検査にて、カビが検出された場合に、菌の同定を行います。