検査項目選択の流れ

異物・カビ・異味・異臭・膨張等のクレーム
1 食品クレーム検査セット 参考情報あり 2 異物鑑別検査 写真・参考情報あり 3 異物カビ判別検査 写真・参考情報なし

食品クレーム検査品セット(参考情報あり)

お客様からの商品のクレームには様々な理由があり、異味、異臭、膨張、カビ、異物混入などが挙げられます。その中で異味、異臭、膨張など外観からは原因が判断できず、菌の原因が考えられる場合に、原因追究に必要な検査をセットでお選び頂けるようにいたしました。

検査項目:一般生菌数・酵母数・乳酸菌数・微生物鏡検検査・pH(ガラス電極法)・検体写真・参考情報付き報告書
検体はクレーム品と正常品をご用意ください。

速報
微生物鏡検検査・pH(ガラス電極法)での結果で速報をお出し致します。
報告書
すべての検査結果が出次第、写真・参考情報付きの報告書を提出致します。
追加項目 (必要に応じて追加して頂けます)
・ 検出菌が何かを断定したい場合 : 細菌真菌同定
・ 検出菌がクレームの原因かどうかを確認したい場合 : 再現試験

※ クレーム品が密閉包装食品の場合には、別途クロストリジウム数の検査追加を、低温(冷蔵)保存食品の場合には、低温細菌数の検査追加を推奨いたします。

検査ご依頼方法については、こちらをご覧下さい。

異物鑑別検査(参考・参考情報あり)

異物の混入、カビ、異味、異臭、膨張などさまざまな食品のクレームがありますが、弊社ではお客様からのクレームに対応できるよう、異物種による料金体系で、短納期での異物鑑別検査を受託しております。
クレーム内容により、検査項目を選択して頂けるようメニューを揃えておりますので、目的にあった検査をご選択ください。

  • 異物鑑別検査は、さらに顕微鏡観察を行うことによって、カビ、昆虫・生物、植物片、獣毛・毛髪、食痕・糞尿、血痕、骨片・貝殻・石・ガラス・樹脂、金属などを判別いたします。
  • さらに追加検査として、比較試験、カタラーゼ試験を実施しております。

検査ご依頼方法については、こちらをご覧下さい。

カビ判別検査(写真・参考情報なし)

異物の中でもカビについてはお客様からのクレーム頻度も高く、詳細な鑑別や説明が必要な場合と、カビであるかどうかのみを安価で確認したいなど、お客様のニーズはさまざまです。
そうしたニーズにお答えできるよう検査メニューを取り揃えております。

鏡検検査で糸状菌の有無を判別したあと必要と判断した場合には、培養(分離培養または検体培養・衛生試験法に準ずる)を行います。結果が「発育」の場合、別途料金で真菌同定(衛生試験法 糸状菌の形態観察法)を追加することにより、菌名を確認することができます。

検査ご依頼方法については、こちらをご覧下さい。