検索結果一覧

前のページ|1-4|次のページ

4 件検索されました。

Q1 飲料水の検査は何をすればよいのですか?
Q2 食品製造に使用する水の検査は何をすればよいのですか?
Q3 クリプトスポリジウムの検査はできますか?
Q4 検査実施のタイミングに合わせて、検査依頼書や容器を自動的に送付してもらうようなスケジュール管理はできますか?
Q1 飲料水の検査は何をすればよいのですか?
A1
建築物における衛生的環境の確保に関する施行規則により
水質基準に関する省令(厚生労働省令第101号)で定められた項目基準について水質基準に関する省令に基づき厚生労働大臣が定める方法(厚生労働省告示第261号)で水質検査を行う必要があります。
※ 検査項目や検査頻度について

▲トップに戻る

Q2 食品製造に使用する水の検査は何をすればよいのですか?
A2
食品衛生法に定められた検査項目26項目について検査をする必要があります。
但し、 水質基準に関する省令(厚生労働省令第101号)で定められた項目基準について 基準を満たしている場合、または水道により供給される水は、その限りではありません。

▲トップに戻る

Q3 クリプトスポリジウムの検査はできますか?
A3
クリプトスポリジウムそのものの検出有無を確認する検査は実施していませんが、指標菌(大腸菌及び嫌気性芽胞菌)を対象とした検査を受託しています。
厚生労働省通知(健水発第0330005号)では、水道の原水中にこれらの指標菌の検出が認められる場合は、クリプトスポリジウムの汚染のおそれがあると記載されています。

▲トップに戻る

Q4 検査実施のタイミングに合わせて、検査依頼書や容器を自動的に送付してもらうようなスケジュール管理はできますか?
A4
弊社では、事前にお打ち合わせした内容で、定期的に検査容器等を送付するサービスを無料で実施しています。

▲トップに戻る