検索結果一覧

前のページ|1-2|次のページ

2 件検索されました。

Q1 清涼飲料水の規格試験(混濁、沈殿物、ヒ素、鉛、カドミウム、スズ、大腸菌群)の検査はできますか?
Q2 重金属(Pbとして)の検査は、鉛(Pb)以外の重金属が含まれているかを判断することにも利用できますか?
Q1 清涼飲料水の規格試験(混濁、沈殿物、ヒ素、鉛、カドミウム、スズ、大腸菌群)の検査はできますか?
A1
検査受託可能です。理化学項目の結果はすべて定性結果でご報告致しますので、予めご了承下さい。ただし、製品に原材料由来の濁りや沈殿がある場合は、事前にお問い合わせ下さい。

▲トップに戻る

Q2 重金属(Pbとして)の検査は、鉛(Pb)以外の重金属が含まれているかを判断することにも利用できますか?
A2
重金属(Pbとして)の検査は重金属の総量を測定するための検査です。
酢酸酸性下で硫化ナトリウムを用い、暗褐色の硫化物を生成する金属(スズ、鉛、銅、カドミウム、ヒ素、等)の総量を結果としてご報告します。

結果値は、既知濃度の鉛水溶液の呈色度合いと比較し算出されていますので、“Pbとして”の値となり、実際の個々の重金属の含有量とは必ずしも一致しません。
そのため、検出があった場合、どのような金属が含まれていたか分からないため、カドミウムなど、特定の金属の汚染が考えられる際には、別途追加で個々の重金属を測定されることをお勧めします。

▲トップに戻る