検索結果一覧

前のページ|1-3|次のページ

3 件検索されました。

Q1 牛か豚か鶏かなど肉種を判別したい場合、動物由来体含有検査ではどのような結果報告になるのですか?
Q2 切り分けられた肉や加工肉などで、肉種判別検査の結果判断の際に考慮すべき点はありますか?
Q3 名古屋コーチンの遺伝子による識別検査では、判断基準となるのは何ですか?
Q1 牛か豚か鶏かなど肉種を判別したい場合、動物由来体含有検査ではどのような結果報告になるのですか?
A1
肉種判別を目的とする場合、検定点を1%として「検出」か「不検出」かを判定する定性検査となっております。

▲トップに戻る

Q2 切り分けられた肉や加工肉などで、肉種判別検査の結果判断の際に考慮すべき点はありますか?
A2
肉を原料として扱う際に同じラインで牛や豚や鶏を共有で使用していたり、同じ調理器具を使用することによる混入でも、遺伝子が検出される可能性はありますので、その点に問題がなかったかを確認して下さい。

▲トップに戻る

Q3 名古屋コーチンの遺伝子による識別検査では、判断基準となるのは何ですか?
A3
愛知県畜産総合センターの種鶏に由来するDNAパターンと一致しているかどうかで判断しています。
農業生物資源研究所と愛知県農業総合試験場がこの種鶏を基に開発した5つのDNAマーカーを使用しています。

▲トップに戻る