検索結果一覧

前のページ|1-12|次のページ

12 件検索されました。

Q1 許認可申請用試験は実施できますか?
Q2 試験時の生データは提出してもらえますか?
Q3 試験受託前、または試験実施後の査察は対応できますか?
Q4 試験計画書・試験報告書を10年保管してもらえますか?
Q5 試験委託契約等の締結はできますか?
Q6 MICの試験方法の指定はできますか?
Q7 MIC試験では、微量液体希釈法と寒天平板希釈法のどちらを選択すればよいですか?
Q8 粉末の被験物質で、MIC試験は実施できますか?
Q9 粉体で水や溶媒に溶解しないのですが、MIC試験は実施できますか?
Q10 MIC値が予測できないのですが、試験はできますか?
Q11 カビでMIC試験を実施したいのですが、試験濃度帯を予測するため、ハロー試験を実施できますか?
Q12 MIC試験の後に、MBC試験を実施できますか?
Q1 許認可申請用試験は実施できますか?
A1
実施可能です。
通常受託している試験の計画書や報告書とは形式が異なるため、事前にご相談下さい。

▲トップに戻る

Q2 試験時の生データは提出してもらえますか?
A2
提出は可能です。
ただし、ご依頼時にご指示いただく必要があり、また、別途料金が必要です。
金額はご提出する資料により変動しますので、事前にご相談下さい。

▲トップに戻る

Q3 試験受託前、または試験実施後の査察は対応できますか?
A3
事前にご連絡頂ければ対応可能です。

▲トップに戻る

Q4 試験計画書・試験報告書を10年保管してもらえますか?
A4
当社での試験報告書等の保存期間は5年又は10年です。(当社規定による)
ご依頼時に保存期間についてお打合せさせていただきます。
規定の期間を延長して保存する場合は、別途料金が必要です。

▲トップに戻る

Q5 試験委託契約等の締結はできますか?
A5
契約可能です。
契約例) 試験委託契約・秘密保持契約 等

▲トップに戻る

Q6 MICの試験方法の指定はできますか?
A6
日本化学療法学会やCLSI(臨床・検査標準協会)で策定された方法など、参照されたい方法をご指定下さい。

▲トップに戻る

Q7 MIC試験では、微量液体希釈法と寒天平板希釈法のどちらを選択すればよいですか?
A7
被験物質や試験したい菌種によって変わってきますので、まずはご相談下さい。

▲トップに戻る

Q8 粉末の被験物質で、MIC試験は実施できますか?
A8
粉末のままだと試験が難しく、溶液にする必要があります。適切な溶媒を教えて下さい。

▲トップに戻る

Q9 粉体で水や溶媒に溶解しないのですが、MIC試験は実施できますか?
A9
寒天平板希釈法であれば実施できる可能性があります。
※詳しくは【最小発育阻止濃度試験】をご参照下さい。


水に分散すれば濃度調製をして寒天培地を作製することはできますが、 寒天培地中で均一の濃度にはならない可能性があります。そのため、正確に評価できるか実際に試験をしてみないと分かりません。

▲トップに戻る

Q10 MIC値が予測できないのですが、試験はできますか?
A10
まずハロー試験(定性試験)を実施し、試験濃度帯を予測することも可能です。
ハロー試験を実施しなくても、協議の上、任意の濃度で試験することも可能です。

▲トップに戻る

Q11 カビでMIC試験を実施したいのですが、試験濃度帯を予測するため、ハロー試験を実施できますか?
A11
カビの場合、菌糸の影響でハロー試験が難しい場合があります。どのような方法が妥当かご相談下さい。

▲トップに戻る

Q12 MIC試験の後に、MBC試験を実施できますか?
A12
MBC試験の実施も可能です。

▲トップに戻る