肥料検査について

肥料取締り法で規格および基準値の設定された成分分析を受託しております。

1.主要な検査

§特殊肥料の場合

  • 肥料の届出や表示に必要な成分

(窒素全量、りん酸全量、加里全量、銅全量、亜鉛全量、石灰全量、炭素窒素比、水分含有量)

§普通肥料の場合

  • 肥料の登録に必要な成分(公定規格で定められた成分)
  • 汚泥肥料の場合は原料が「金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令」(溶出試験)の別表第一の基準を満たすために必要な成分
  • 商品に表示する主要な成分

2.分析項目の選択

検査の目的は・・・

①肥料の販売(または譲渡)に際して必要な成分の測定。

②研究や品質管理を目的としたデータ集めの測定。

①の場合

検査対象品の原材料や生産工程等から特殊肥料に該当するのか、普通肥料に該当するのかを確認して下さい。

特殊肥料の場合

たい肥(汚泥や魚介類の臓器を原料とするもの除く)と動物の排泄物については、都道府県知事への届出や商品の外装への品質表示の際に必要な分析項目があります。

②の場合

対象とする成分を分析項目としてご指定下さい。

普通肥料の場合

登録申請書に記載するための分析項目(公定規格に記載)があります。

  • 含有すべき主成分
  • 含有を許される有害成分

普通肥料のうち汚泥肥料の場合

有害成分及び主要な成分の記載に必要な分析項目に加え、原料ごとの溶出試験の成績書作成のための分析項目があります。

※どの成分を検査してよいか分からない場合は、ご所属の都道府県の肥料関連相談窓口にご確認下さい。

3.検査の実施一例

検査の選択・実施の具体的な一例を下記に記載しました。

①検査対象品は?

⇒魚介類の臓器に植物質の原料を混合したものを撹拌し、腐熟させたもの

次へ

②特殊肥料には該当しないため、普通肥料の公定規格を参照

⇒水産副産物発酵肥料(汚泥肥料等の1つ)に該当(都道府県の肥料関連窓口で確認を行う)

次へ

③原材料が『金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令』に適合しているか?

⇒適合していないまたは不明な場合は、検査を実施。

次へ

④水産副産物発酵肥料の公定規格の検査項目を選択

⇒最大量を規定されている項目(ヒ素、カドミウム、水銀)について検査を実施。

次へ

⑤保証票に記載したい主要成分の含有量

⇒窒素全量、りん酸全量、加里全量、銅全量、亜鉛全量、石灰全量、硫黄分全量、炭素窒素比から選択。

4.普通肥料について

普通肥料は以下のように分類され、更に細かく種類が規定されており、その種類ごとに公定規格が定められてます。

NO 分類
1 窒素質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。)を除く。)
2 りん酸質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。)を除く。)
3 加里質肥料(有機質肥料(動植物質のものに限る。)を除く。)
4 有機質肥料(動植物質のものに限る。)
5 複合肥料
6 石灰質肥料
7 けい酸質肥料
8 苦土肥料
9 マンガン質肥料
10 ほう素質肥料
11 微量要素複合肥料
12 汚泥肥料等
13 農薬その他の物が混入される肥料