遺伝子組換え食品検査内容

検査内容

検査項目名 補足 / 報告形態
GMO定性検査

検定点0.05%においての混入の有無を検定します。
[報告例]
検出/検出せず/検知不能

GMO定量検査

含有率を数値で報告します。
[報告例]
GMO含有率×.×%

GMO品種特定検査 定性検査
検査対象:大豆、コーン製品
GMO定性検査でのスクリーニング可能品種において個々の品種の含有の有無を報告します。
その他GMO検査 定性検査
各品種の含有の有無を報告します。
・スターリンク含有検査(コーン)
・Bt10含有検査(コーン)
・NewLeafPlus/Y含有検査(ジャガイモ)
・亜麻FP967含有検査(亜麻)
*その他、アムフローラEH92-527-1、パパイヤ55-1、パパイヤPRSV-YK,SC,HN、LL601米、害虫抵抗性遺伝子組換え米についても分析可能です。

作物別検査項目

GMO定性検査

作物名 検査項目 検査区分 分析方法 検査所要日数
ダイズ GMO定性検査ダイズ スクリーニング検査 リアルタイムPCR法 6~9日
コーン GMO定性検査コーン
ジャガイモ GMO定性検査ジャガイモ
綿 GMO定性検査綿
ナタネ GMO定性検査ナタネ
ビート GMO定性検査ビート
トマト GMO定性検査トマト
GMO定性検査米
アルファルファ GMO定性検査アルファルファ

GMO定量検査

作物名 検査項目 検査区分 分析方法 検査所要日数
ダイズ GMO定量検査ダイズ 定量検査 リアルタイムPCR法 6~9日
コーン GMO定量検査コーン

GMO品種特定検査

作物名 検査項目 検査区分 分析方法 検査所要日数
ダイズ GMO品種特定検査ダイズ 定量検査 PCR法 11~14日
コーン GMO品種特定検査コーン

その他GMO検査

作物名 検査項目 検査区分 分析方法 検査所要日数
コーン スターリンク含有検査 定性検査 PCR法
※スターリンク含有検査はリアルタイムPCR法
9~12日
Bt10含有検査
ジャガイモ NewLeaf Plus/Y含有検査
アムフローラEH92-527-1含有検査
パパイヤ パパイヤ55-1含有検査
パパイヤPRSV-YK,SC,HN含有検査
害虫抵抗性遺伝子組換え米含有検査
LL601米含有検査
アマ 亜麻FP967含有検査

注意点

  • 検査が混雑したり、製品の加工度合い、確認検査等により、記載の検査所要日数よりも時間を要する場合がありますので、予めご了承ください。
  • 検査報告書は、「日本語のみ」発行いたします。英文検査報告書が必要な場合については、別途発行料(4,000円)を申し受けます。
  • 検査費用は、GMO1品種についての費用です。複数GMO検査(例えば大豆とトウモロコシの両方を検査)の場合、費用は個々に必要です。
  • 分析結果は、「ご依頼者から提供されたサンプルについての分析結果」であり、当該検体の分析結果についてのみ保証するものです。

遺伝子組換え食品検査項目

検査可能材料

大豆 大豆、大豆粕、大豆フレーク、大豆フラワー、大豆濃縮蛋白、大豆蛋白、大豆外皮、豆乳、大豆レシチン、大豆油(未精製)、大豆子葉、醤油、豆腐、油揚げ、厚揚げ、納豆、ベビーフード、大豆ハンバーグ、大豆ソーセージ、大豆ベーコン、味噌(※)、大豆由来物を含む複数原料製品
トウモロコシ コーン、コーン胚芽、コーンフラワー、コーンミール、コーングリッツ、搾後油かす、コーンフレーク(朝食用シリアル)、コーンチップ、コーンスナック、コーンスターチ、コーンパスタ、ポップコーン、冷凍・缶詰コーン、コーンシロップ(※)、コーン由来物を含む複数原料製品
ジャガイモ 未加工ジャガイモ、乾燥ジャガイモ、ポテトフレーク、マッシュポテト、ポテトフラワー(※)、フレンチフラワー(冷凍フライドポテト)、ポテトチップ、ポテトスナック、ジャガイモ派生物を含む複数原料製品
ナタネ ナタネ、ナタネかす、ナタネ油
綿実 綿実(飼料、搾油用)
トマト トマト、缶詰トマト、トマト加工製品
パパイヤ 生鮮パパイヤ、冷凍・缶詰パパイヤ、乾燥パパイヤ
コメ

※ 製品の加工度により、遺伝子そのものが分解、変性、除去されているものもあり、これらの製品については、分析が困難です。GMO由来遺伝子の検出の有無のみを報告する場合と、遺伝子抽出自体が不可能(遺伝子が含まれていない)で検査できないことを報告する場合があります。

検体量

原料(原体) 2.5kg以上
加工品 200g以上
液体 500g以上(但し、しょうゆは1L以上、油は4L以上)

※ 上記検体量は、大豆・コーンの例です。
検体量が少ないと検査結果が保証できない場合がありますので、予めお問い合わせください。