動物由来体含有検査

検査内容

検査項目 検定内容 検出感度
ほ乳動物由来DNA検査 ウシ、ブタ、ヒツジ、ヤギ、ウマ、シカ、ウサギ、クジラ由来遺伝子の含有を検定します。 肉骨粉として0.1~0.01%(原物含量%)
反すう動物由来DNA検査 ウシ、ヒツジ、ヤギ、シカ由来遺伝子の含有を検定します。
牛由来DNA検査 ウシ由来遺伝子の含有を検定します。
豚由来DNA検査 ブタ由来遺伝子の含有を検定します。
家きん由来DNA検査 ニワトリ、ウズラ由来遺伝子の含有を検定します。 チキンミールとして0.1~0.01%(原物含量%)
魚介類由来DNA検査 カタクチイワシ、カツオ、サケマス類、サバ、サンマ、スズキ、タイ、タラ、マイワシ、マグロ 由来遺伝子の含有を検定します。 魚粉として0.01~0.001%(原物含量%)

注意点

  • 飼料分析基準(平成20年4月1日付・19消安第14729 号 農林水産省消費・ 安全局長通知)に記載されたプライマーを使用します。
  • 本検査は飼料中の動物由来副産物(由来遺伝子)の 0.1%の含有の有無について検定する定性検査です。
  • 食品の原材料中に含まれる肉種判別を目的として検査をされる場合は、検定点を1%として含有の有無を検定します。別途、依頼書にてご指定下さい。
  • ほ乳動物由来DNA検査、反すう動物由来DNA検査、牛由来DNA検査については、陽性疑いの場合、制限酵素による確認検査に進みます。その際は納期が3~4営業日延長します。
  • 魚介類由来DNA検査での確認できている特異性(検定内容詳細)は、カタクチイワシ、カツオ、サケマス類(サケ、ギンザケ、ベニザケ、カラフトマス、サクラマス、ニジマス、マスノスケ)、サバ(ゴマサバ、タイセイヨウサバ、マサバ)、サンマ、スズキ(スズキ、タイリクスズキ)、タイ(キダイ、チダイ、マダイ)、タラ(スケトウダラ、マダラ)、マイワシ、マグロ(クロマグロ、キハダ、ビンナガ、ミナミマグロ、メバチ)になります。

検査所要日数

ほ乳動物由来DNA検査 9~12日
反すう動物由来DNA検査
牛由来DNA検査
豚由来DNA検査
家きん由来DNA検査
魚介類由来DNA検査

検体量

検体量 500g以上。

※ 加工工程で遺伝子の変性が著しい場合、測定不能となる場合があります。