ニュース バックナンバー

前のページ|21-40|次のページ

2014年

Vol.200 (2014年08月)

輸入食品に対する検査命令の実施について

2014/08/11 
平成26年8月8日、厚生労働省より輸入時のモニタリング検査の結果、中国産生鮮たまねぎから基準値を超えるチアメトキサムを検出したため、たまねぎ及びその加工品において検査命令を実施すると公表がありました。弊社でもチアメトキサムの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。関連URL:http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000053919.pdf

line
Vol.190 (2014年07月)

輸入食品に対する検査命令の実施について

2014/07/29 
平成26年7月28日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、バングラデシュ産クミンの種子よりプロフェノホス、ブルキナファソ産ごまの種子よりイミダクロプリドが基準値を超えて検出されたため、検査命令を実施するとの公表がありました。弊社でも上記残留農薬の分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。関連URL: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000051812.html

line
Vol.189 (2014年06月)

輸入食品に対する検査命令の実施について

2014/06/18 
平成26年6月13日、厚生労働省より、スペイン産ピスタチオナッツを原料とした加工品の輸入時の自主検査、およびナイジェリア産ごまの種子の輸入時のモニタリング検査の結果からアフラトキシンを検出したため検査命令を実施するとの公表がありました。弊社でも各種アフラトキシンの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。
関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000032931.html

line
Vol.188 (2014年05月)

輸入食品に対する検査命令の実施について

2014/05/01 
平成26年4月28日、厚生労働省より、検疫所におけるモニタリング検査の結果、イタリア産ピスタチオナッツ加工品(ピスタチオナッツを5%以上含有するもの) から基準値を超えるアフラトキシン(50μg/kg) を検出したため検査命令を実施するとの公表がありました。弊社でも各種アフラトキシンの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000044339.html

line
Vol.187 (2014年03月)

水質基準の改正について

2014/03/07 
平成26年2月28日付の官報にて、水質基準に関する省令の一部が改正され、「亜硝酸態窒素」が水質基準に追加されました。(水質基準:0.04mg/L以下)

あわせて、
「水道法施行規則」
「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行規則」
「給水装置の構造及び材質の基準に関する省令」
「水道施設の技術的基準を定める省令」
が一部改正されました。

施行期日は、平成26年4月1日です。

line
Vol.186 (2014年01月)

マラチオン(マラソン)等の農薬検査について

2014/01/04 
現在、食品からの検出が報道されておりますマラチオン等の農薬につきまして、弊社でも分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

弊社の一斉分析メニュー(535農薬スクリーニング(高感度)、535農薬スクリーニングA、違反事例・高頻度検出400農薬A、違反事例・高頻度検出 260農薬A、国産農産物向け255農薬A、違反事例・高頻度検出150農薬A)にマラチオンは含まれています。

検査詳細は下記をご参照下さい。
関連URL:http://www.falco-life.co.jp/noyaku/zannoyaku.html

line

2013年

Vol.185 (2013年11月)

大量調理施設衛生管理マニュアルの改正について

2013/11/14 
平成25年年10月22日付けで大量調理施設衛生管理マニュアルが改正されました。
ノロウイルスを対象とした加熱調理温度条件、調理済み食品の検食の保存タイミングの明記、納入業者への検査結果等の提出を規程、病原菌という表現の食中毒菌への変更・・・等が改正されています。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/gyousei/dl/131106_02.pdf

line
Vol.183 (2013年10月)

魚肉缶詰からのヒスタミン検出について

2013/10/28 
平成25年10月11日付で、魚肉の缶詰製品であるシーチキンマイルドから、製造元の基準値を超えるヒスタミンが検出され、製品を自主回収すると公表されました。
ヒスタミン検査についてお問い合わせも頂いており、弊社でも検査を受託しておりますので、ぜひご利用下さい。

line
Vol.181 (2013年08月)

中国産ケールからのヘキサクロロベンゼン検出について

2013/08/21 
平成25年8月15日、厚生労働省より輸入時のモニタリング検査の結果、中国産生鮮ケールにおいて食品衛生法違反の事例があったことから、中国産ケール及びその加工品(簡易な加工に限る)についてヘキサクロロベンゼンのモニタリング検査の頻度を30%に引き上げて対応する旨の公表がありました。
弊社でもヘキサクロロベンゼンの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL: http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/monitoring/2013/dl/03-130815-01.pdf

line
Vol.182 (2013年08月)

パラグアイ産ごまの種子からのカルバリル検出について

2013/08/21 
平成25年8月21日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、パラグアイ産ごまの種子から基準値を超えるカルバリルが検出(0.03~0.06ppm)されたと公表されました。
弊社でもカルバリルの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000015924.html

line
Vol.180 (2013年07月)

遺伝子組換えパパイヤの国内流通について

2013/07/11 
平成25年7月9日、厚生労働省よりタイ産乾燥パパイヤから、国内で安全性未審査の遺伝子組換えパパイヤが検出されたと公表されました。
弊社でも、厚生労働省通知 「安全性未審査の遺伝子組換えパパイヤ(PRSV-YK)の暫定検査法について」を参考に、自主検査として、安全性未審査遺伝子組み換えパパイヤ(PRSV-YK)の検査を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000036bx5.html

line
Vol.179 (2013年06月)

アルミニウムを含有する添加物への対応について

2013/06/24 
平成25年6月21日、厚生労働省よりパン、菓子類への「硫酸アルミニウムカリウム(カリウムミョウバン)」及び「硫酸アルミニウムアンモニウム(アンモニウムミョウバン)」の使用について以下の対応案が公表されました。
1)現状の使用実態を確認した上で、使用基準を検討する。なお、アルミニウムを含有する国際汎用添加物についても同様とする。
2)関係業界においては、これまでも低減化に向けた取り組みを行っているところであるが、使用基準の検討に先立ち、自主的な低減化の取り組みを通知により依頼する。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000034tf3.html

line
Vol.177 (2013年06月)

オーストリア産西洋わさびからのジフェノコナゾール検出について

2013/06/19 
平成25年6月19日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、生鮮西洋わさび
からジフェノコナゾール(0.02ppm)が検出されたと公表されました。
弊社でもジフェノコナゾールの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000034sr9.html

line
Vol.178 (2013年06月)

デンプン関連製品からのマレイン酸検出について

2013/06/19 
平成25年5月24日、内閣府 食品安全委員会より台湾の各地方当局が調査した結果、台湾産のデンプン関連製品からマレイン酸が検出されたと公表されました。

関連URL: http://www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/show/syu03810190369

line
Vol.176 (2013年05月)

フィリピン産無添加摂取冷凍食品まぐろネギトロの回収等について

2013/05/29 
平成25年5月13日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、フィリピン産無添加摂取冷凍食品まぐろネギトロより大腸菌群が検出されたと公表されました。
弊社でも大腸菌群の検査を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/kaisyu/dl/130513.pdf

line
Vol.175 (2013年04月)

「食品表示法案」の閣議決定について

2013/04/10 
食品を摂取する際の安全性、一般消費者の自主的かつ合理的な食品選択の機会の確保を目的に、食品衛生法、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)及び健康増進法の食品の表示に関する規定を一本化した「食品表示法案」が平成25年4月5日に閣議決定されました。

関連URL:http://www.caa.go.jp/foods/index18.html

line
Vol.174 (2013年02月)

西洋わさびの回収について

2013/02/15 
平成25年2月13日、京都府よりオーストリア産生鮮西洋わさびよりジフェノコナゾール(0.02ppm)が検出されたと公表されました。

関連URL:http://www.pref.kyoto.jp/shoku-anshin/seikatsu/20130213wasabikaishu.html

line
Vol.173 (2013年02月)

中国産ウーロン茶の回収等について

2013/02/07 
平成25年1月31日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、中国産ウーロン茶よりフィプロニル(0.005ppm)が検出されたと公表されました。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/kaisyu/dl/130131.pdf

line
Vol.172 (2013年01月)

メキシコ産スターフルーツの回収等について

2013/01/31 
平成25年1月30日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、メキシコ産スターフルーツよりフルジオキソニル(0.06ppm)が検出されたと公表されました。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/kaisyu/dl/130130.pdf

line
Vol.170 (2013年01月)

ラオス産生鮮メボウキの回収等について

2013/01/30 
平成25年1月23日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、ラオス産生鮮メボウキよりクロルピリホス(2ppm)が検出されたと公表されました。
弊社でもクロルピリホスの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/kaisyu/dl/130123.pdf

line