ニュース バックナンバー

前のページ|41-60|次のページ

2013年

Vol.171 (2013年01月)

タイ産PUK WHANの回収等について

2013/01/30 
平成25年1月29日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、タイ産PUK WHAN(アマメシバ)よりクロルピリホス(1.0ppm)が検出されたと公表されました。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/kaisyu/dl/130129.pdf

line
Vol.169 (2013年01月)

インド産紅茶の回収等について

2013/01/04 
平成24年12月27日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、インド産紅茶よりプロパルギット(13ppm)、モノクロトホス(0.6ppm)が検出されたと公表されました。
弊社でも上記2成分の分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/kaisyu/dl/121227.pdf

line

2012年

Vol.168 (2012年12月)

オマーン産未成熟いんげんからのシロマジン検出について

2012/12/19 
平成24年12月18日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、オマーン産未成熟いんげんよりシロマジン(0.02~0.10ppm)が検出されたと公表されました。
弊社でもシロマジンの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002rbo8.html

line
Vol.167 (2012年11月)

米国産ピスタチオナッツ加工品のアフラトキシン検出について

2012/11/30 
平成24年11月29日、厚生労働省より、輸入時の自主検査の結果、米国産ピスタチオナッツ加工品よりアフラトキシン(18μg/kg)が検出されたと公表されました。
弊社でもアフラトキシンの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002pwt6.html

line
Vol.166 (2012年11月)

ノロウイルス感染の注意喚起について

2012/11/28 
平成24年11月27日、厚生労働省よりノロウイルスによる食中毒や感染に注意する旨の報道発表がありました。
現在、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者が増加しており、同時期としては、平成18年に次いで、過去10年間で第2位の水準となっています(国立感染症研究所が発表)。
弊社でもノロウイルスによる食中毒防止・対応の際のご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問合わせ下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002pa7y.html

line
Vol.164 (2012年11月)

中国産にんにくの回収等について

2012/11/10 
平成24年11月2日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、中国産過熱後摂取冷凍食品(凍結直前未加熱)にんにくよりクロルピリホス(0.03ppm)が検出されたとの公表がありました。
弊社でもクロルピリホスの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/kaisyu/dl/121102-1.pdf

line
Vol.165 (2012年11月)

韓国産いちごの回収等について

2012/11/10 
平成24年11月2日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、韓国産いちごよりメトコナゾール(0.04ppm)が検出されたとの公表がありました。
弊社でもメトコナゾールの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/kaisyu/dl/121102-2.pdf

line
Vol.163 (2012年10月)

オーストラリア産活ムラサキイガイの回収等について

2012/10/31 
平成24年10月30日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、オーストラリア産活ムラサキイガイより麻痺性貝毒(4MU/g)が検出されたとの公表がありました。
弊社でも貝類についての麻痺性貝毒、下痢性貝毒の分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/kaisyu/dl/121030.pdf

line
Vol.161 (2012年10月)

中国産冷蔵ウニ(生食用)の回収等について

2012/10/05 
平成24年10月2日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、中国産冷蔵ウニ(生食用)の腸炎ビブリオ最確数が1400/g以上である事が公表されました。
弊社でも腸炎ビブリオ最確数の検査を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/kaisyu/dl/121002.pdf

line
Vol.162 (2012年10月)

タイ産冷凍赤とうがらしの回収等について

2012/10/05 
平成24年10月1日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、タイ産冷凍赤とうがらしよりジフェノコナゾール(0.02ppm)を検出したとの公表がありました。
弊社でもジフェノコナゾールの分析を受託しております。お気軽にご相談下さい。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/kaisyu/dl/121001.pdf

line
Vol.160 (2012年09月)

韓国産活ひらめ(生食用)の回収等について

2012/09/11 
平成24年9月3日、厚生労働省より検疫所におけるモニタリング検査の結果、韓国産活ひらめからKudoa septempunctataが検出されたと公表されました。
Kudoaについては、9/27開催の日本食品危害研究所主催講演会にて1演題講演があります。
ご興味ある方は是非ご参加ください。

関連URL:
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/kaisyu/dl/120903.pdf
日本食品危害研究所主催 講演会 詳細:
http://www.npo-jifs.or.jp/pdf/guidance014.pdf

line
Vol.157 (2012年09月)

南アフリカ産グレープフルーツの取扱いについて

2012/09/05 
平成24年8月31日、厚生労働省より、検疫所におけるモニタリング検査の結果、南アフリカ産生鮮グレープフルーツから基準値を超えるイマザリル(0.0054g/kg)が検出されたとの公表がありました。
対応策の詳細は下記URLに掲載されています。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/other/2012/dl/120831-02.pdf

line
Vol.158 (2012年09月)

輸入食品に対する検査命令の実施について

2012/09/05 
平成24年9月4日、厚生労働省より、検疫所におけるモニタリング検査の結果、中国産えだまめやその加工品から基準値を超えるジフェノコナゾール(0.02ppm)を検出したため検査命令を実施するとの公表がありました。

関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002irq1.html

line
Vol.159 (2012年09月)

「中国産きぬさや」の残留農薬検出について

2012/09/05 
平成24年9月3日、広島大学消費生活協同組合より、保健所による抜き取り検査の結果、該当生協で販売している「そぼろ弁当」で使用しているきぬさや(冷凍、中国産)から基準値を超えるクロルピリホス(0.02ppm)が検出されたと公表されました。

関連URL:http://www.hucoop.jp/nus/webapp/data_file/120903113614_1.pdf

line
Vol.156 (2012年09月)

玄米からの異物(ワルファリン)検出について

2012/09/03 
平成24年8月29日、全国農業協同組合連合会石川県本部より、玄米にワルファリン(ねずみ駆除剤)の混入があった旨の公表がありました。
弊社でも混入した異物の鑑別検査やワルファリンの残留確認検査を受託しておりますので、是非ご利用下さい。

関連URL:http://www.is.zennoh.or.jp/news1/detail.cgi?no=23

line
Vol.155 (2012年08月)

白菜きりづけからのO157検出

2012/08/15 
平成24年8月14日、札幌市保健所より市内の高齢者関連施設において白菜きりづけ(浅漬け)を原因とした腸管出血性大腸菌O157による食中毒があったとの公表がありました。
弊社でも腸管出血性大腸菌の検査を受託しておりますので、是非ご利用下さい。
関連URL:http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/shoku/info/o157hassei.html

line
Vol.154 (2012年07月)

ペルー産チョコレートの回収等について

2012/07/20 
平成24年7月19日、厚生労働省より、検疫所におけるモニタリング検査の結果、ペルー産チョコレートよりTBHQ(21μg/g、15μg/g)が検出されたとの公表がありました。
弊社でもTBHQの分析を実施しております。
関連URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/kaisyu/dl/120719.pdf

line
Vol.153 (2012年07月)

食品中の放射性物質に係る基準値の設定に関するQ&Aについて

2012/07/10 
平成24年7月5日、厚生労働省より、食品の放射性物質検査の結果の取り扱いや経過措置等の解釈を明確にするため、「基本的な考え方に関するQ&A」や「食品区分や検査に関するQ&A」が公表されました。
基準値設定の考え方や、検査対象品の食品区分など、詳細が記載されています。
弊社でも、放射能濃度測定を実施しておりますので、お気軽にお問合せください。
関連URL:http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/dl/120412_2.pdf

line
Vol.152 (2012年06月)

ブルーベリーからのメトキシフェノジド検出

2012/06/08 
平成24年6月7日、厚生労働省より、検疫所におけるモニタリング検査の結果、米国産ブルーベリーから基準値を超えるメトキシフェノジドを検出したため、検査命令を実施する旨の発表がありました。
弊社でもメトキシフェノジドの検査を実施していますので、自主検査にご利用下さい。
関連URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002cdoi.htmll

line
Vol.151 (2012年05月)

浄水処理水からのホルムアルデヒド検出

2012/05/21 
平成24年5月18日、埼玉県営浄水場の浄水処理水から水質基準値(0.080mg/L)を超えるホルムアルデヒドが検出された旨の発表がありました。
弊社では、飲料水や排水、食品中に残留したホルムアルデヒドを確認するための検査を受託しております。お気軽にお問合わせ下さい。

line