残留農薬検査

【残留農薬一斉分析 新メニュー】

商品名 検査内容 分析料金
(1検体あたり 税別)
納期
1検体 2~4検体
まとめて
5検体以上
まとめて
535農薬
スクリーニング(高感度)
弊社最大項目数の高感度分析メニューです。 235,000円 約2週間
535農薬
スクリーニングA
535農薬スクリーニング(高感度)と同項目で、定量限界値を0.01ppm(一部0.001~0.005ppm)に設定したメニューです。 125,000円 115,000円 85,000円
違反事例・高頻度検出400農薬A 国内外違反事例※1)を約84%、農水省調査項目※2)を約90%カバーし、厚生労働省より事務連絡のあった有機リン系57項目を含んだメニューで、より多くの農薬管理を低コストで望まれるお客様にお奨めのメニューです。 50,000円
違反事例・高頻度検出 260農薬A 輸入食品で違反事例農薬と、国内で高頻度に検出される農薬を中心にしたメニューで、輸入食品の違反事例や農水省調査項目を80%以上カバーし、有機リン系57項目も含んでいます。 35,000円 30,000円 約10日
国産農産物向け255農薬A 日本国内で登録されている農薬ならびに土壌残留性の高い農薬から255項目を選定したメニューです。 35,000円 30,000円
違反事例・高頻度検出150農薬A 国内外違反事例ならびに農水省調査項目を約65%カバーし、有機リン系57項目を含んだメニューです。農薬分析を検討している、分析コストを見直したい等のニーズにお応えしました。 24,000円 20,000円 約1週間
輸入検査対象
313農薬スクリーニング
(平成29年度版)
農作物・畜産食品全般対象
検疫所の平成29年度輸入食品残留農薬モニタリング
358農薬のうち、313農薬に対応
カバー率は87.4%
90,000円 80,000円 65,000円 約2週間

【残留農薬一斉分析メニュー】

商品名 検査内容 定価(税別)
農薬選択メニュー(1~100農薬) 「535農薬スクリーニング」の農薬の中から、任意に検査項目を選択するオリジナル検査 120,000円
農薬選択メニュー(101~200農薬) 140,000円
農薬選択メニュー(201~300農薬) 160,000円
農薬選択メニュー(301~400農薬) 200,000円
農薬選択メニュー(401~535農薬) 235,000円

注意事項

※1 違反事例:平成12年4月~平成25年3月までの期間における検疫所での違反事例農薬や国内の農作物から検出された農薬等

※2 農水省調査項目:平成24年度国内産農産物における農薬の使用状況及び残留状況調査結果

★ 料金(税別)は1検体当たりの料金です。

★ 「535農薬スクリーニング(高感度)」と「違反事例・高頻度検出400農薬A」の2項目は検体数値引きはございません。

★ 上記農薬検査には、GC/MSおよびLC/MS/MSを使用しております。
(「違反事例・高頻度検出150農薬A」はGC/MSのみの分析となります)

★ 検体が加工食品の場合、夾雑物の影響により農薬によっては検出不可となる、あるいは定量限界値が上がってしまうことがあります。

★ 検査メニュー名に「高感度」の記載のあるものは、項目により感度は幅はありますが、弊社の最高感度での検査となります。検査メニュー名に「A」のつくメニューは、定量限界値0.01ppm(一部0.001~0.005ppm)に設定しています。

★ 特急対応も受け付けていますので、詳細はお問合せ下さい。

★ 検体量は1kgをご用意下さい。
加工食品の場合は、最低300g程度でも検査は可能です。