カンピロバクター・ジェジュニ

菌の性状

カンピロバクター属・グラム陰性の桿状らせん菌です。
微好気的条件(酸素濃度3~15%)でのみ増殖し、増殖可能な温度域は30~45℃とされています。
酸性域や乾燥にも弱いため発育のしにくい菌ですが、非常に少量でも人に感染するため注意が必要です。

分布

ウシ、ブタ、ヒツジ、ニワトリ、イヌ、ネコ、ハトなど動物の消化管内。

原因食品

食肉(特に鶏肉)、食肉製品、牛乳、飲料水、サラダなど。
肉を生で食べる場合や加熱不十分、動物の糞便汚染による食品を摂食した場合に感染します。

中毒症状

喫食後、1~7日という長い潜伏期間を経て発症し、下痢、腹痛、発熱、頭痛、嘔吐があり、発病後一週間程度で治るとされています。

予防のポイント

鶏肉や牛の肝臓を食材として扱う場合には、十分加熱して下さい。
汚染の可能性のある生肉を他の食材に近づけないよう、食材を扱う区分を明確にして下さい。
手や包丁で生肉に触れた場合、洗浄による滅菌を徹底して下さい。