殺菌効果試験

抗菌剤が試験菌の発育を阻止する最小の濃度を測定する試験

方法(概要)

抗菌剤をある一定の濃度まで固体または液体の培地で段階希釈し、試験菌を接種して培養後、発育の有無を確認することで菌の発育を阻止する抗菌剤の最小濃度を求めます。

日本化学療法学会が定めた測定法に準拠した試験を実施しています。

(寒天平板希釈法および微量液体希釈法)

1.菌液の調整

(菌の復元、接種菌量の調整)

2.抗菌剤含有培地の作製※

抗菌剤を培地で段階(倍々)希釈し、抗菌剤含有培地を作製します。

(濃度の範囲はお客様にご指定いただきます)

3.菌の接種

4.菌の培養

5.菌の発育の有無を確認

(完全に発育が阻止された最小の濃度をもってMIC値とします。)

※ 微量液体希釈法の場合は、抗菌剤含有培地をマイクロプレートに分注します。

寒天平板希釈法

抗菌剤含有寒天培地の作製

寒天平板希釈法の解説

微量液体希釈法

抗菌剤含有寒天培地の作製

微量液体希釈法の解説

試験を実施する際は、使用する菌や、菌と薬剤を接触させる時間等、詳細をお打合せし、お客様のご要望にあった「試験計画書」を作成させていただきます。