関連資料大腸菌(腸管出血性大腸菌など)の話

大腸菌のグループ分け

大腸菌群

大腸菌(糞便系大腸菌群)

食品衛生法に基づく食品等の規格基準の中で、食肉製品等の成分規格に使用されている「E.coli」と同じものを言う。

下痢原性大腸菌(病原大腸菌)

・腸管毒素原性大腸菌(ETEC)

・腸管侵入性大腸菌(EIEC)

・腸管病原性大腸菌(EPEC)

・腸管集合性大腸菌(EAggEC)

・腸管出血性大腸菌(EHEC)

病原大腸菌とは

下痢、腹痛などといった胃腸炎を起こす大腸菌(下痢原性大腸菌とも呼ばれます)の事を指し、毒素の種類や発病の違いにより5つに分類されています。

下記ページにも病原大腸菌について記載しています。

http://www.falco-life.co.jp/oyaku/bisei/bac5.html

腸管出血性大腸菌とは

ベロ毒素を産生し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こす大腸菌を指します。 腸管出血性大腸菌感染症患者から検出される血清型は、O157・O26・O111の3型で9割以上を占めていると言われており、他にO121・O103・O91・145・O165なども3型に次いで検出されています。

下記ページにも腸管出血性大腸菌(O157)について記載しています。

http://www.falco-life.co.jp/oyaku/bisei/bac4.html

大腸菌は、菌の表面にあるO抗原(細胞壁由来)とH抗原(べん毛由来)の血清型により、細かく分類されています(約180)。例えば、よく耳にする「O157」とはO抗原 として157番目に発見された大腸菌を指します。病原性を示す血清型としてO157・O26・O111などがよく知られていますが、血清型はあくまでも大腸菌を分類しているものであり、病原大腸菌として知られる血清型(O157など)が検出されても、ベロ毒素非産生株は、腸管出血性大腸菌ではありません。

腸管出血性大腸菌かどうかを判断するためには、ベロ毒素産生の確認検査が必要です。 ただし、病原性を示す大腸菌は特定の血清型が多いことから、血清型を調べることにより病原性を推定することができます。

腸内細菌科菌群検査のご案内

平成23年4月に発生した、腸管出血性大腸菌による集団食中毒の発生を受け、生食用食肉に関して罰則を伴う強制力のある規制が必要との判断により、規格基準の設定について審議が行われ、規格基準案がまとめられました。
それに伴い、弊社でも新項目として検査受託を開始致しますので、ぜひご利用下さい。

項目内容

項目名称 腸内細菌科菌群
(項目コード 818900) 
1~24検体 ご依頼の場合 
腸内細菌科菌群(25検体以上)
(項目コード 368400) 
同時に25検体以上 ご依頼の場合注1) 
検査対象  生食用食肉として販売される牛の食肉(内臓を除く)
例:ユッケ、牛刺し、牛タタキ 等 
検査方法  生食用食肉の成分規格(腸内細菌科菌群)の検査方法に準拠 注2) 
納期 4~8日 
検体量  200g以上
(検体量が少ない場合には、50gご用意下さい) 

   注1) 25検体以上ご依頼の場合、お値引きさせて頂きます。
   注2) 増菌培養法での検査であり定性検査になります。

生食用食肉の規格基準(成分規格から抜粋)

生食用食肉(牛の食肉(内臓を除く))であって、生食用として販売するもの

(1)生食用食肉は、腸内細菌科菌群が陰性でなければならない。
(2)(1)に係る記録は、1年間保管しなければならない。

腸内細菌科菌群とは

生食用牛肉の危害要因である腸管出血性大腸菌及びサルモネラ属菌を含むいくつかの細菌の総称であり、汚染の指標となります。

 


 

検査項目選択のポイント

下記に、検査項目選択のポイントを記載します。ご参考までにご確認下さい。

①生食用食肉として販売される牛の食肉(内臓を除く)

②焼いて食べる肉として提供する食肉を検査したい。

③食材(生野菜、料理品など)で腸管出血性大腸菌の有無を検査したい。

食品・添加物 の規格基準(告示)などを参考に推奨項目を設定しております。