プール水に関する水質検査

プール水セット

検査項目
水素イオン濃度(pH)
濁度
過マンガン酸カリウム消費量
大腸菌
一般細菌

遊泳用プールの衛生基準

厚生労働省健康局長通知健発第0528003号(平成19年5月28日)「遊泳用プールの衛生基準について」に基づく

検査項目 基準値 検査頻度
水素イオン濃度(pH) 5.8以上8.6以下 毎月1回以上
濁度 2度以下 毎月1回以上
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下 毎月1回以上
大腸菌 検出されないこと 毎月1回以上
一般細菌 200CFU/mL以下 毎月1回以上
遊離残留塩素濃度 0.4mg/L以上(1.0mg/L以下であることが望ましい)(二酸化塩素により消毒を行っている場合には、二酸化塩素濃度は0.1mg/L以上0.4mg/L以下であること。また、亜塩素酸濃度は1.2mg/L以下であること。) 毎日午前中1回以上及び午後2回以上
総トリハロメタン おおむね0.2mg/L以下(暫定目標値) 毎年1回以上(通年営業又は夏期営業のプールは6~9月までの時期、それ以外の時期に営業するプールは水温が高めの時期)
レジオネラ属菌 ※ジャグジー、ホットバス等のエアロゾルを発生させやすい設備、又は水温が比較的高めの設備がある場合 毎年1回以上

学校用プールの衛生基準(学校保健法文部科学省通知に基づく)

(文部科学省告示第六十号に基づく)

「学校環境衛生基準」
検査項目 基準値 検査頻度
遊離残留塩素濃度 0.4mg/L以上(1.0mg/L以下であることが望ましい) 使用日の積算が30日以内ごとに1回
pH値(水素イオン濃度) 5.8以上8.6以下
大腸菌 検出されないこと
一般細菌 200CFU/mL以下
有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 12mg/L以下
濁度 2度以下
総トリハロメタン 0.2mg/L以下であることが望ましい 使用期間中の適切な時期に1回以上
循環ろ過装置の処理水 循環ろ過装置の出口における濁度は、0.5度以下であること。(0.1度以下であることが望ましい) 毎学年1回
検査方法(遊泳用プールの衛生基準より引用)
  1. 水素イオン濃度、濁度、過マンガン酸カリウム消費量、一般細菌及び総トリハロメタンの測定は、水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省令第101号)に定める検査方法若しくは上水試験方法(日本水道協会編)又はこれらと同等以上の精度を有する検査方法によること。
  2. 遊離残留塩素濃度、二酸化塩素濃度及び亜塩素酸濃度の測定は、ジエチル-p-フェニレンジアミン法(DPD法)又はこれと同等以上の精度を有する検査方法によること。
  3. 大腸菌の測定は、水質基準に関する省令に定める検査方法によること。
浄化設備

気泡浴槽、採暖槽等の設備その他エアロゾルを発生させやすい設備又は、水温が比較的高めの設備がある場合は、「循環式浴槽におけるレジオネラ症防止対策マニュアル」(平成13年9月11日付け健衛発第95号厚生労働省健康局生活衛生課長)等を参考にして、適切に管理すること。その設備の水について、レジオネラ属菌の検査を年1回以上行い、レジオネラ属菌が検出されないことを確認すること。

レジオネラ属菌の検査方法は、冷却遠心濃縮法またはろ過濃縮法のいずれかによること。